紫外線をさけて、美白と保湿ケアを徹底的に

紫外線をさけて、美白と保湿ケアを徹底的に

ルミキシル(LUMIXYL)のような美白化粧品はセルフケアの頼れる味方

シミの最大の原因は紫外線です。シミを防ぎたいとき、これ以上今あるシミを濃くしたくないときに、自分で取れる対策は3つあります

美白化粧品を使う。
水洗顔と保湿ケアを徹底する。
いつでもUVケアを怠らない。

いったんできてしまったシミを消すのは難しいのですが、あきらめて放置すれば、シミの部分にさらに紫外線が集まって、よりいっそうシミは濃くなっていきます。

 

うっすらとしたシミの存在に気づいた段階で、美白化粧品ルミキシル(LUMIXYL)を使うのが有効です。

 

ただし、美白化粧品には肌を乾燥させやすくしたり、漂白作用の強かったりするものがあります。使用頻度と使用量を守らないと、肌の状態を悪化させてしまいます。毎日使うといい、たくさん使うといい、という考えは捨てましょう。

 

日焼け直後の美白化粧品は、逆効果!

また、日焼けしたあとに「シミになる!」と焦って、すぐに美白化粧品を使いはじめるのもやめましょう。日焼け直後は肌が軽くやけどした状態です。この状態で効果の強い化粧品を使うと、刺激が強すぎて肌が荒れやすくなります。

 

日焼けしたあとの1週間は、肌を冷やして炎症をおさえます。
表皮がやけどしているということは、乾燥しきった状態だということです。普段より保湿ケアを重点的におこないましょう。

 

保湿が美白化粧品の効果を引き出す

ルミキシル(LUMIXYL)などの美白化粧品の効果を最大限に引き出す方法こそ、徹底的な保湿ケアです。肌を守っている皮脂を取りすぎないようにすることで、肌を乾燥から守り、バリア機能をアップさせ、美白化粧品の強い効果が発揮されます。

 

日焼けして肌が弱っているときこそ、保湿ケアには皮脂に近く刺激の少ない天然のスクワランオイルがおすすめです。日焼けして弱っている部分につけてみてください。皮脂が適正量になってくれば、ターンオーバーもスムーズになり、新しい肌へと生まれ変わっていきます。この保湿ケアだけでもシミはずいぶん薄くなります。

 

シミは予防できる!

紫外線を防止するUVケアは絶対に必要です。初夏だけとか、外出時だけUVクリームをつけるという人がいますが、紫外線は通年降り注いでいます。

 

秋から冬にかけて乾燥しやすい時期は、肌もカサカサでバリア機能が弱まり、紫外線の影響をうけやすい状態になっています。夏にうっかり日焼けをして、ほうっておいて冬になり、シミがあらわれるということも・・・・・・。

 

シミは一度できてしまうとなかなか消せませんが、予防することができるトラブルです。UVクリームをぬったり、帽子をかぶったりして、極力紫外線の影響をうけないように過ごしてください。今あるシミを濃くさせないためにも、大切なことです。

紫外線をさけて、美白と保湿ケアを徹底的に関連ページ

スキンケアの効果を本当に実感できていますか?
透明感のある肌でいたい!シミやシワとは無縁な肌になりたい!こう思っている女性がほとんどだと思います。
洗顔を誤解していませんか?
ルミキシル(Lumixiyl)を使用する前に大切なことは、基本中の基本「洗顔」です。でも洗顔を誤解している方も少なくありません。
年齢とともにシワやたるみができる理由
ルミキシル(Lumixiyl)を使う前に知っててほしいポイントがあります。それは肌の「弾力と真皮の関係」です。
あなたの「肌年齢」はいくつくらい?
日頃から肌トラブルに悩まされている多くの女性で「老け肌」に悩まされている方は、「伸び」が足りないという共通点があります。
ほとんどの女性の肌は乾燥している?
シミやシワ、やたるみの原因は乾燥です。ルミキシルでシミやシワを改善する前に、自分が乾燥肌なのか、オイリー肌なのかを認識していないと正しいスキンケアはできません。
気になりはじめたらスキンケアの見直しどき!
「お肌の曲がり角は25歳」からと言われてきました。ですが、実はもっと早く15歳〜16歳から肌の老化ははじまっています。
肌の印象は「皮脂」で決まる!
洗顔こそ美肌の基本と信じている人には、洗いすぎは良くないと言ってもなかなか聞く耳を持たない方も多いようです。
身体の調子がいいと肌の調子もいい!
ルミキシル(Lumixiyl)を使っても効果を実感できない方は、身体の調子はどうですか?胃腸は健康ですか?
健康にいい食べ物は確実に肌に効く!
食べ物で肌の土台を変える!
カラダの内側が健康でなければ効果は半減
ルミキシル(Lumixiyl)を使って、シミ、そばかす・肝斑(かんぱん)、くすみ・色ムラ、にきび跡などによる色素沈着を改善しようとしても、カラダの内側が健康でなければ効果は半減してしまいます。
美肌の基礎知識
美肌についてきちんと理解していますか?
皮膚科専門医だから言える正しい化粧品の選び方
化粧品の選び方は「いいか悪いかではなく、合うか合わないか」
洗顔で肌をいためていませんか?
毎日のダブル洗顔は肌をいためるだけ!?
クレンジングを変えれば、肌が変わる!
クレンジング剤のメリット・デメリット
重たいアイメイク、卒業しませんか?
目のまわりは肌トラブル多発部分!
スキンケア、これだけはやってはいけない!
「泡立て洗顔」は、絶対にやってはいけない!
アイザメの肝油スクワランオイル≠ニは?
これひとつで、調子がグンとよくなる魔法のオイル
朝と夜の洗顔は「別物」です!
朝のケアと夜のケアを変えれば、肌はぐんぐんよくなる!
うるおいが1日中持続する!簡単「保湿ケア」
保湿効果が高まる「化粧水」の使い方
化粧水は使えば使うほど肌がどんどん乾燥する!
化粧水のつけすぎで乾燥肌に!?
保湿ケア、効果が一番高くて安心なのは?
スクワランイルがない場合は、保湿ケア用の乳液やクリームを直接ぬってもかまいません。
目的別に美容成分たっぷり!美容液の選び方
美白効果をうたう商品は注意が必要
今あなたの肌で見えないシミが進行中?
肌に直接影響する2つの紫外線
美白化粧品でどこまで肌は白くなる?
効果が強いからこそ、使い方に注意!
毎月2回、肌は変化≠キる!
私たちの肌は、年齢とともに皮脂が失われ、肌の「伸び」がなくなり、だんだん乾燥が進んでいきます。
アミノ酸による美肌
お肌をしっかりしたものにするには、とてもシンプルに、アミノ酸サプリメントを摂るのが効果的です。
女性ホルモン「エストロゲン」が肌力を左右する!
毎日のスキンケアを見直していくと、肌の状態はだんだん変わっていきます。
月経周期に合わせたケアで、驚くほど変化が!
今この瞬間の肌だけを見て一喜一憂しない
外側のスキンケアでたるみやシワ、くすみを取る!
代謝が活発なので効果倍増! たるみやシワ、くすみを取るケアを!
今すぐなりたい肌を手に入れる!
今よりもっときれいになりたいあなたへ
排卵後〜月経までの2週間 トラブル期のスキンケア
無理をせず、「肌を整える」ケアを!
ニキビはまず生活習慣の見直しを!
目立つ場所にポツンとできるニキビは、人に会う予定がある日などはとくに気になるものです。
30歳を過ぎてシミやクスミが目立つようになった
30歳を過ぎるとシミやくすみが気になるので、消したい、隠したいと思う方にルミキシルは最もためしていただきたい
目立つ毛穴は汚れを取るより
毛穴が目立つときは、鏡に近づいてよく見てみてください。
肌年齢を5歳若返るにはどんな化粧品を使えばいい?
年齢が老けて見える原因は様々です。服装や髪型なども老けて見える原因にはなります。