美白化粧品でどこまで肌は白くなる?

ルミキシル(Lumixyl)コラム|美白化粧品でどこまで肌は白くなる?

効果が強いからこそ、使い方に注意!

美白効果をうたった化粧品も人気です。透きとおるような白い肌になりたい、シミやくすみを取りたい人がそれだけ多いのでしょう。普段使っている化粧品のラインで美白化粧品までそろえて、毎日使っているという人もいるようです。

 

でも、肌が白くなるということは、普通の化粧品に比べると効果が強い、つまり肌にも刺激が加わっているということ。使用するときには気をつけなければいけません。

 

たとえば、美白化粧品に含まれる成分のひとつ、ビタミンC誘導体などは、皮膚科で市販されているドクターズコスメなどに使われています。安全性、効果が高い注目の成分です。

 

水溶性のビタミンCにリン酸を加えて安定化させたもので、角質のなかまで浸透しやすくなっていて、メラニン色素の生成をおさえる働きがあります。ただし、美白化粧品には高濃度で配合されていますから、つけすぎには注意。肌の乾燥をまねくこともあります。

 

角質除去による美白はメリットもデメリットも

年齢とともにターンオーバーのスピードはだんだん遅くなり、古い角質が肌の上にとどまってくすみをまねきます。ある程度の年齢になったら、定期的に角質除去をして肌をリセットするのはいいと思います。

 

ただし、そのときに注意してほしいのは、その頻度です。とくに、ピーリング作用のある成分、AHA(アルファヒドロキシ酸)やBHA(ベータヒドロキシ酸)、またフルーツ酸(リンゴ酸、クエン酸など)などをつけすぎると肌が乾燥してしまいます。

 

もともと、ピーリングは、古い角質を溶かして強制的に取り除くという行為です。それによって、新陳代謝がうながされて肌のターンオーバーがはやまります。
同時に、美白化粧品にはメラニン色素に働きかけるような美白成分配合の美容液が投入されています。肌がつるっとして白くなったような感じを得られるのはこのためです。

 

自然のターンオーバーではなく、美容液によって無理やり角質を取り除くために、毎日繰り返すと、肌そのものが薄くなり、バリア機能も落ちていきます。

 

連日使用は肌をいためてしまう!?

美白化粧品を効果的に使うには、その化粧品の使用法を守ることです。週に1回と書かれているのに、連日使用したりすると、肌はボロボロになってしまいます。また、使用後は保湿ケアをきちんとして肌をガードするのを忘れないでください。

 

クレンジング剤から乳液まで、美白化粧品のラインでそろえているときには、乳液などに保湿成分が入っているかどうかをよく確認してください。

 

また、美白化粧品の中には、気になる部分だけにスポット的に使うものもあります。そういうタイプのものは、顔全体に使ってしまうと、乾燥や肌トラブルのもとになります。頻度や使い方の細かい注意書きもきちんと読んでから使うようにしてください。

 

ターンオーバーのサイクルは28日間です。新しい美白化粧品を試すときは効果を見るために3週間使い続けたら、いったんやめて肌の様子をみましょう。

 

昔の日焼けには効果なし

美白化粧品で、「どの程度まで美白が可能か」と尋ねられることも多いのですが、実際には判断が難しいところです。肌の浅い層に最近できた日焼けなら、美白化粧品でも効果あるかもしれません。

 

ピーリング作用のある成分が入っている化粧品を使えば、角質に対してピーリングがほどこされます。角質をはがすことで、細胞の活性化をうながしますので、浅いところにできたシミには効果があるかもしれません。

 

でも、肌の深いところにできて長く沈着しているシミを消すのは難しいのです。皮膚科の治療には、薬剤を使ったケミカルピーリングや、光治療、レーザー治療があります。美白化粧品よりもシミを薄める効果は高いので、どうしても気になるときは一度、皮膚科専門医に相談してみましょう。

 

ピーリングをうけるときの注意点

ピーリングはとくに禁止事項はありませんが、初夏から盛夏にかけて、また、真冬にうけるのはさけたほうがいいでしょう。ピーリングすることで、一時的に角質層が薄くなるため、初夏の強い紫外線をガードすることが難しくなり、シミをできやすくしてしまいます。また、ピーリングをうけた肌は一層乾燥しやすくなっていますから、乾燥している真冬にはおすすめしません。

 

いずれの場合も、医師から細かい指導があると思いますので、きちんとしたがってください。

美白化粧品でどこまで肌は白くなる?関連ページ

スキンケアの効果を本当に実感できていますか?
透明感のある肌でいたい!シミやシワとは無縁な肌になりたい!こう思っている女性がほとんどだと思います。
洗顔を誤解していませんか?
ルミキシル(Lumixiyl)を使用する前に大切なことは、基本中の基本「洗顔」です。でも洗顔を誤解している方も少なくありません。
年齢とともにシワやたるみができる理由
ルミキシル(Lumixiyl)を使う前に知っててほしいポイントがあります。それは肌の「弾力と真皮の関係」です。
あなたの「肌年齢」はいくつくらい?
日頃から肌トラブルに悩まされている多くの女性で「老け肌」に悩まされている方は、「伸び」が足りないという共通点があります。
ほとんどの女性の肌は乾燥している?
シミやシワ、やたるみの原因は乾燥です。ルミキシルでシミやシワを改善する前に、自分が乾燥肌なのか、オイリー肌なのかを認識していないと正しいスキンケアはできません。
気になりはじめたらスキンケアの見直しどき!
「お肌の曲がり角は25歳」からと言われてきました。ですが、実はもっと早く15歳〜16歳から肌の老化ははじまっています。
肌の印象は「皮脂」で決まる!
洗顔こそ美肌の基本と信じている人には、洗いすぎは良くないと言ってもなかなか聞く耳を持たない方も多いようです。
身体の調子がいいと肌の調子もいい!
ルミキシル(Lumixiyl)を使っても効果を実感できない方は、身体の調子はどうですか?胃腸は健康ですか?
健康にいい食べ物は確実に肌に効く!
食べ物で肌の土台を変える!
カラダの内側が健康でなければ効果は半減
ルミキシル(Lumixiyl)を使って、シミ、そばかす・肝斑(かんぱん)、くすみ・色ムラ、にきび跡などによる色素沈着を改善しようとしても、カラダの内側が健康でなければ効果は半減してしまいます。
美肌の基礎知識
美肌についてきちんと理解していますか?
皮膚科専門医だから言える正しい化粧品の選び方
化粧品の選び方は「いいか悪いかではなく、合うか合わないか」
洗顔で肌をいためていませんか?
毎日のダブル洗顔は肌をいためるだけ!?
クレンジングを変えれば、肌が変わる!
クレンジング剤のメリット・デメリット
重たいアイメイク、卒業しませんか?
目のまわりは肌トラブル多発部分!
スキンケア、これだけはやってはいけない!
「泡立て洗顔」は、絶対にやってはいけない!
アイザメの肝油スクワランオイル≠ニは?
これひとつで、調子がグンとよくなる魔法のオイル
朝と夜の洗顔は「別物」です!
朝のケアと夜のケアを変えれば、肌はぐんぐんよくなる!
うるおいが1日中持続する!簡単「保湿ケア」
保湿効果が高まる「化粧水」の使い方
化粧水は使えば使うほど肌がどんどん乾燥する!
化粧水のつけすぎで乾燥肌に!?
保湿ケア、効果が一番高くて安心なのは?
スクワランイルがない場合は、保湿ケア用の乳液やクリームを直接ぬってもかまいません。
目的別に美容成分たっぷり!美容液の選び方
美白効果をうたう商品は注意が必要
今あなたの肌で見えないシミが進行中?
肌に直接影響する2つの紫外線
毎月2回、肌は変化≠キる!
私たちの肌は、年齢とともに皮脂が失われ、肌の「伸び」がなくなり、だんだん乾燥が進んでいきます。
アミノ酸による美肌
お肌をしっかりしたものにするには、とてもシンプルに、アミノ酸サプリメントを摂るのが効果的です。
女性ホルモン「エストロゲン」が肌力を左右する!
毎日のスキンケアを見直していくと、肌の状態はだんだん変わっていきます。
月経周期に合わせたケアで、驚くほど変化が!
今この瞬間の肌だけを見て一喜一憂しない
外側のスキンケアでたるみやシワ、くすみを取る!
代謝が活発なので効果倍増! たるみやシワ、くすみを取るケアを!
今すぐなりたい肌を手に入れる!
今よりもっときれいになりたいあなたへ
排卵後〜月経までの2週間 トラブル期のスキンケア
無理をせず、「肌を整える」ケアを!
ニキビはまず生活習慣の見直しを!
目立つ場所にポツンとできるニキビは、人に会う予定がある日などはとくに気になるものです。
30歳を過ぎてシミやクスミが目立つようになった
30歳を過ぎるとシミやくすみが気になるので、消したい、隠したいと思う方にルミキシルは最もためしていただきたい
目立つ毛穴は汚れを取るより
毛穴が目立つときは、鏡に近づいてよく見てみてください。
肌年齢を5歳若返るにはどんな化粧品を使えばいい?
年齢が老けて見える原因は様々です。服装や髪型なども老けて見える原因にはなります。
紫外線をさけて、美白と保湿ケアを徹底的に
シミの最大の原因は紫外線です。シミを防ぎたいとき、これ以上今あるシミを濃くしたくないときに、自分で取れる対策は3つあります