美白・美肌の基礎知識

医療機関専門美白化粧品ランキング

美白・美肌の基礎知識一覧

スキンケアの効果を本当に実感できていますか?

いくつになっても美肌で若々しい人の秘訣透明感のある肌でいたい!シミやシワとは無縁な肌になりたい!こう思っている女性がほとんどだと思います。肌の印象はあなたの見た目にも大きく影響しています。いくつになっても若々しく魅力的な人は、美しい肌をしているものです。あなたも感じたことがある思います。肌の調子がな...

≫続きを読む

洗顔を誤解していませんか?

ルミキシル(Lumixiyl)を使用する前に大切なことは、基本中の基本「洗顔」です。でも洗顔を誤解している方も少なくありません。スキンケアと言えば、「とにかく汚れをキレイに落とす」と思っている人が多いようです。確かに間違いではありませんが、ここちょっとした誤解があります。例えば、「メイクが肌に残って...

≫続きを読む

年齢とともにシワやたるみができる理由

ルミキシル(Lumixiyl)を使う前に知っててほしいポイントがあります。それは肌の「弾力と真皮の関係」です。肌の「弾力」は「真皮の厚さ」で決まります。少し肌の構造を説明しますね。肌は大きく分けて3層からなっています。表面に近い表皮、その下の真皮、そして皮下組織です。ほとんどの方がご存知かもしれませ...

≫続きを読む

あなたの「肌年齢」はいくつくらい?

若いのに老けて見える肌には「伸び」がない日頃から肌トラブルに悩まされている多くの女性で「老け肌」に悩まされている方は、「伸び」が足りないという共通点があります。外側からのスキンケアでは、この「伸び」をどれだけ保つかが大切になってきます。一般的におばちゃんの肌は、乾燥していてツヤがなく、日に焼けた古い...

≫続きを読む

ほとんどの女性の肌は乾燥している?

シミやシワ、やたるみの原因は乾燥です。ルミキシルでシミやシワを改善する前に、自分が乾燥肌なのか、オイリー肌なのかを認識していないと正しいスキンケアはできません。オイリー肌を誤解していませんか?美肌には皮脂が大切ですが、自分の肌を皮脂が過剰に分泌されるオイリー肌だと誤解している人がとても多いようです。...

≫続きを読む

気になりはじめたらスキンケアの見直しどき!

年齢に合わせで肌と上手に付き合う「お肌の曲がり角は25歳」からと言われてきました。ですが、実はもっと早く15歳〜16歳から肌の老化ははじまっています。10代は新陳代謝が活発なので、肌がダメージを受けても、見た目にはわからないだけなのです。でも、この時期に紫外線に対するスキンケアをこまめに行っていたか...

≫続きを読む

肌の印象は「皮脂」で決まる!

洗顔で肌を洗い過ぎていませんか?洗顔こそ美肌の基本と信じている人には、洗いすぎは良くないと言ってもなかなか聞く耳を持たない方も多いようです。せっかくルミキシル(Lumixyl)のような医療機関専門コスメを使っていても、正しい洗顔をしていなければ、美肌にはなれません。洗顔後にたしかにすっきりして気持ち...

≫続きを読む

身体の調子がいいと肌の調子もいい!

ルミキシル(Lumixiyl)を使っても効果を実感できない方は、身体の調子はどうですか?胃腸は健康ですか?実は「皮膚」は臓器のひとつ!肌の調子がよくないとき、月経周期とともに注目してほしいのが、胃腸の状態です。口から食道、胃、腸といった消化管にも肌と同じように、上皮があります。消化管は身体の内側で、...

≫続きを読む

健康にいい食べ物は確実に肌に効く!

食べ物で肌を土台から変える!いくらルミキシルのようないい化粧品を使っても、外側からのスキンケアだけでは限界があります。肌そのものの弾力やハリを保つには、カラダの内側の「肌をつくる」栄養成分が必要だからです。食事やサプリメントによる栄養補給が欠かせません。肌をはじめ、人のカラダはたんぱく質でできていま...

≫続きを読む

カラダの内側が健康でなければ効果は半減

ルミキシル(Lumixiyl)を使って、シミ、そばかす・肝斑(かんぱん)、くすみ・色ムラ、にきび跡などによる色素沈着を改善しようとしても、カラダの内側が健康でなければ効果は半減してしまいます。肉、魚、卵、乳製品など、なんとなく高カロリーでダイエットの敵!と思い込んで、食べることをさけてしまう女性も多...

≫続きを読む

美肌の基礎知識

美肌のことをあなはたきちんと理解していますか?本来、何もしなくても美肌は可能人間の皮膚では、毎日新しい細胞がつくられます。約28日間かけて、今ある肌(皮膚)がすっかり新しい肌へ生まれ変わっていきます。この28日間のサイクルをターンオーバーと言います。本来、肌のターンオーバーさえ正常に働いていれば、特...

≫続きを読む

皮膚科専門医だから言える正しい化粧品の選び方

みなさんはルミキシルなどの医薬品専門化粧品を選ぶときに、どういう基準で選びますか?結論からいうと、どういう成分が入っているから等も大切ですが、もっとも大切な正しい化粧品の選び方は「いいか悪いかではなく、自分の肌に合うか合わないか」です。ちまたにはさまざまな化粧品があふれていますが、自分に合った化粧品...

≫続きを読む

洗顔で肌をいためていませんか?

ルミキシルなどの医療機関専門コスメなどを使用したとしても、毎日の肌のメンテナンスが大切です。毎日のダブル洗顔は肌をいためるだけ!?肌に一番ダメージを与えやすいスキンケアは、実は「洗顔」です。朝起きて洗顔料を使ってしっかり顔を洗い、メイクをする。帰宅後、クレンジング剤でメイクを落とし、その後、洗顔料で...

≫続きを読む

クレンジングを変えれば、肌が変わる!

クレンジング剤のメリット・デメリットでは、実際にメイクを落とすときに、どんなクレンジング剤を使ったらいいのでしょうか?クレンジング剤には、大きく分けて「オイルタイプ」、「クリームタイプ」、「リキッドタイプ」、「ミルクタイプ」があります。基本的に自分の使用感が良いものを使えばいいと思います。ただし、ど...

≫続きを読む

重たいアイメイク、卒業しませんか?

目のまわりは肌トラブル多発部分!アイメイクをかなりしっかりしている人は、アイメイク専用のリムーバーを使っているのではないでしょうか?皮膚科専門医の立場から考えると、できればこのリムーバーを毎日使うのは避けて欲しいところです。というよりも、重たいアイメイクは、週に1〜2回と、回数を減らしてみてください...

≫続きを読む

スキンケア、これだけはやってはいけない!

「泡立て洗顔」は、絶対にやってはいけない!ナチュラルメイクや素っぴんで過ごした日などは、クレンジング剤を使わず、洗顔料で洗うだけで十分汚れは落ちます。クレンジング剤に比べると、界面活性剤の量も少ないため、肌への負担が少なくて済むます。洗顔するときに固形石けんを使う場合は、洗顔後の乾燥によるつっぱり感...

≫続きを読む

アイザメの肝油スクワランオイル≠ニは?

これひとつで、調子がグンとよくなる魔法のオイル アイザメの肝油スクワランオイル≠ニは?スクワランオイルというオイルをご存じでしょうか?スクワランオイルとは、アイザメという深海にすむサメの肝臓からとれる肝油(スクワレン)に水素を含ませて、化粧品として安定させたものです。100%ピュアのスクワランオノ...

≫続きを読む

朝と夜の洗顔は「別物」です!

朝のケアと夜のケアを変えれば、肌はぐんぐんよくなる!肌がもともと持っているターンオーバーの自浄力を働かせるには、どのような洗顔をすればいいのでしょうか。まず、夜と朝とでは洗顔法を変えることです。夜の洗顔は、1日メイクをしていたあとですし、その日の汚れもついていますから、ある程度きちんとしたいところ。...

≫続きを読む

うるおいが1日中持続する!簡単「保湿ケア」

保湿効果が高まる「化粧水」の使い方洗顔後のケアは化粧水で水分を補い、その蒸発を防ぐように乳液やクリームをつけるのが一般的です。でも、できることなら、化粧水の前に、カサつく部分にだけ保湿ケアをして、肌のバリア機能を上げておくといいでしょう。また、洗顔後、すぐに肌がつっぱるようなとき、朝の水気が取れない...

≫続きを読む

化粧水は使えば使うほど肌がどんどん乾燥する!

化粧水のつけすぎで乾燥肌に!?もともと化粧水は肌への水分補給のために必要なものです。水分補給ならば水を与えればいいように思うかもしれませんが、肌表面を覆う皮脂などによってみずは肌の奥には入っていきません。そのため、肌に浸透するような美容成分を加えた化粧水で水分補給をし、状態を整えるのです。水分補給と...

≫続きを読む

保湿ケア、効果が一番高くて安心なのは?

スクワランイルがない場合は、保湿ケア用の乳液やクリームを直接ぬってもかまいません。洗顔後タオルを顔にポンポンとあて軽く水気をとり、肌の薄い部分を保湿しましょう。一瞬たりとも乾燥状態をつくらない! くらいの気持ちが大切です。ひとつだけ注意しておきたいのはクリーム。もしあなたの肌が敏感になっていたり、ア...

≫続きを読む

目的別に美容成分たっぷり!美容液の選び方

美白効果をうたう商品は注意が必要近頃では、美容液は女性の必須アイテムです。美容液には、さまざまな効果がある美容成分が配合されています。ルミキシルも同様です。基本的にシミ、シワなどはすべて肌の乾燥から生じますから、迷ったら肌の水分を保つセラミドやヒアルロン酸が配合された美容液を選ぶようにしましょう。ア...

≫続きを読む

今あなたの肌で見えないシミが進行中?

肌に直接影響する2つの紫外線スキンケアで忘れないでほしいのが紫外線のケアです。メイクをしない日でも、紫外線をさけるためにUVクリームをぬることだけは欠かさないでください。そもそも紫外線は、生物にとって有害な光線です。そのため、私たちのからだには、紫外線の攻撃から肌を守るための防御機能があります。実は...

≫続きを読む

美白化粧品でどこまで肌は白くなる?

効果が強いからこそ、使い方に注意!美白効果をうたった化粧品も人気です。透きとおるような白い肌になりたい、シミやくすみを取りたい人がそれだけ多いのでしょう。普段使っている化粧品のラインで美白化粧品までそろえて、毎日使っているという人もいるようです。でも、肌が白くなるということは、普通の化粧品に比べると...

≫続きを読む

毎月2回、肌は変化≠キる!

肌はそもそも「生まれ変わる」もの私たちの肌は、年齢とともに皮脂が失われ、肌の「伸び」がなくなり、だんだん乾燥が進んでいきます。しかし、その原因は加齢だけではありません。睡眠不足、慢性的な疲れ、喫煙、からだのくせ・・・・・挙げればキリがないほど、さまざまなことが肌に影響を与えています。肌は生活そのもの...

≫続きを読む

アミノ酸による美肌

美肌は食事や運動、規則正しい生活全てが美肌には欠かせません。お肌をしっかりしたものにするには、とてもシンプルに、アミノ酸サプリメントを摂るのが効果的です。昨今、様々なサプリメントが出ていますが、これを執筆している私自身が最も効果を実感しているのが、アミノ酸サプリメントです。アミノ酸はお肌の材料です。...

≫続きを読む

女性ホルモン「エストロゲン」が肌力を左右する!

肌の新陳代謝がうまくいく人、いかない人毎日のスキンケアを見直していくと、肌の状態はだんだん変わっていきます。それに加えて、食生活を始めとする内側からのスキンケアをおこなうことで、より効果は高まります。そもそもスキンケアとは肌の新陳代謝を促すためのもの。この新陳代謝がうまくいくかいかないかが、肌の分か...

≫続きを読む

月経周期に合わせたケアで、驚くほど変化が!

今この瞬間の肌だけを見て一喜一憂しない月経中から月経後はエストロゲンの分泌が高まり、体温が低くなります。排卵のときさらに体温は低くなり、それから月経開始にかけてプロゲステロンの分泌が高まり、体温が上がっていきます。肌の調子もこの動きと連動します。体温が低い時期は肌の調子がよくなる時期、体温が高い時期...

≫続きを読む

外側のスキンケアでたるみやシワ、くすみを取る!

表情筋エクササイズこの時期は、肌の調子もよいはずなので、普段どおりのお手入れでかまいません。それに加えて、ぜひやっていただきたいのが、顔全体と頭部のエクササイズです。代謝も活発なので、その効果がグンと高まります。私たちの顔には表情をつくる「表情筋」という筋肉が走っています。その名のとおり、表情をつく...

≫続きを読む

今すぐなりたい肌を手に入れる!

今よりもっとキレイになりたいあなたへスキンケアの方法を変えて、女性ホルモンのリズムに合わせた生活をしていくことで、肌はどんどん変わっていきます。さらに美肌をめざすために、ワンランク上のケアをしましょう。ワンランク上といっても、お金をかけるというわけではありません。普段の生活習慣を見直してみる。環境は...

≫続きを読む

排卵後〜月経までの2週間 トラブル期のスキンケア

この時期は皮脂の分泌バランスがくずれて肌荒れやニキビなどの肌トラブルに悩まされることが多いシーズン。エストロゲンの分泌が急に下がり、プロゲステロンの分泌が上昇する時期に不調が起こることが多いようです。肌トラブルは全般的に起こりやすくなりますし、この時期だけむくんだり、便秘になったりする人もいます。こ...

≫続きを読む

ニキビはまず生活習慣の見直しを!

症状別ニキビの種類目立つ場所にポツンとできるニキビは、人に会う予定がある日などはとくに気になるものですよね。つい手で触ってしまい、悪化させる人もいます。ニキビは、毛穴が皮質や角質でふさがれて、ニキビ桿菌という常在菌が増殖することで起こります。ニキビのできはじめは、まだ毛穴がふさがれて皮脂がもりあがっ...

≫続きを読む

30歳を過ぎてシミやクスミが目立つようになった

30歳になってシミやくすみが目立つような気がする10代、20代ではシミやくすみのことなんて全く気にすることがなく過ごしてきた方は多いと思います。海に行っても日焼けも気にせず焼いた方もいるでしょう。そんな手抜きをした頃のツケが30代を過ぎてから一気にシミやくすみとなって現れてきます。後悔をしてももう1...

≫続きを読む

目立つ毛穴は汚れを取るより

その黒ずみは、実は表皮のへこみかも!毛穴が目立つときは、鏡に近づいてよく見てみてください。毛穴だけでなく、ニキビや炎症の跡が目立っていませんか。このあと、つまり表皮のへこみが、光にあたると黒く見えて、毛穴の黒ずみのように見えてしまうのです。へこみがかなり目立つときには、自分でケアするのは難しいでしょ...

≫続きを読む

肌年齢を5歳若返るにはどんな化粧品を使えばいい?

年齢が老けて見える原因は様々です。服装や髪型なども老けて見える原因にはなります。ですが、やはり毛穴やシミなどがない肌は若く見えるためには外せない要素です。肌をきれいに保つには、内面からキレイになる必要があるので食事にも気を使う必要があります。ジャンクフードなどをよく食べたりするのも良くないでしょう。...

≫続きを読む

紫外線をさけて、美白と保湿ケアを徹底的に

ルミキシル(LUMIXYL)のような美白化粧品はセルフケアの頼れる味方シミの最大の原因は紫外線です。シミを防ぎたいとき、これ以上今あるシミを濃くしたくないときに、自分で取れる対策は3つあります美白化粧品を使う。水洗顔と保湿ケアを徹底する。いつでもUVケアを怠らない。いったんできてしまったシミを消すの...

≫続きを読む